--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Wed.

小学生からの英語

いよいよ、日本の小学校でも英語が必須化しそうだ。
小学校5年生から、週1回程度の英語授業を必修にすべし、という報告が文部科学省の審議会(正確にはその下にある分科会・部会)でなされたという。
(ソースはこちら。)

先に記事にした「国家の品格」でもこの問題を取り上げているが、こんなことをして一体何になるというのだろう。

1カ国語を完全に使いこなせて、初めてまともな考え方の組み立て、コミュニケーションが可能になるというものだ。人のことはあまり大きな声では言えないが、若い人たちと話していると、あまりに言葉を知らない、論理的に考えられない、といった人が多い。我が社の新人くんたちにしても、また然りである。そんな中、1カ国語もまともに喋ることのできない人間を育てたいのだろうか。


小生の大学の師である渡部昇一氏は、かつて「英語教育大論争」という本を書いているが、この中で氏は文法・読解の練習は、日本語のトレーニングにもなるから、論理的思考を鍛える上でも良いとしている。つまり、現在日本で行われている高校までの英語教育は、その実、日本語の訓練なのだ。つまり同氏は、日本語の重要性を説いている訳である。

また、小生の大学時代の友人で、台湾出身、家族はパラグアイ在住、本人はロンドン大学に在籍しながら交換留学で小生の母校に来ている、という女性がいた。彼女は、台湾語、北京語、広東語、英語、スペイン語、日本語(しかも、日本語もかなり上手)が喋れる訳だが、「結局、どれもimperfectなのよー」と言って嘆いていた。

小生自身の経験で言えば、仕事で英語を使うことはあるが、流暢かそうでないかはそれほど重要でない気がする(これが通訳なら大問題だが)。言いたいことがしっかりあって、相手に伝えることができれば、仕事としては成り立つからである。分からなければ聞き返せばよいし、理解されていないようだったら、再度確認すればよいことだ。


最大の愚策「ゆとり教育」で、まだ懲りていないと見える文科省、一体どこへ行こうとしているのか?
解体して、教育政策については、各都道府県に任せるというのはどうだろう。
自治体間の競争も進んで(教育レベルが高い県には人が集まる等)、良いと思うのだが…。
スポンサーサイト
13:09 | 時事・社会 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

国家の品格

先ほどテレビでやっていましたが、115万部だそうです。
凄いことになってますね。

小生は最初、書いてあることが大体想像できる、という理由から読んでいませんでした。
しかし、3ヶ月ほど前にふと読む本がなくなったとき、たまたま家に置いてあったことから、(妻の薦めもあり)読んでみました。
(今さら話題に出すのも、売れていることに便乗してのことです。)

速い人なら3時間もあれば読んでしまう程度の分量なのですが、なかなかどうして。まあ、当たり前のことを言っているだけだし、今さら本にすることかよ、という程度の内容なのですが、一つ一つがスーッと心の中に入ってくるのです。自分が思っていたけれど、あまり言葉として表現していなかったことを代わりに言ってもらったような。

しかし、この本がベストセラーになるなんて、日本もまだまだ捨てたもんじゃありません。

それにしても、お茶の水女子大、藤原先生や土屋先生など、ユニークな教授を沢山擁していますな。

23:45 | 読書 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

忙しいときに限って、、、

仕事で面倒なことが多数発生し、午前様が続いている。

しかし、忙しいときに限ってプライベートの予定も入るもの。今日は「踊る会」の幹事だったので、泣く泣く仕事を切り上げ(←本当か?)最近リニューアルオープンした六本木のLa Plazaへ。

ここは以前ガサ入れ(ドラッグか何かだと聞いている)があった関係で、営業停止になり、オーナーが変わって再スタートしたとのこと。
まだ客もまばらで、固定客が付いている風ではなかった。

曲の割合としては、バチャータ2割、メレンゲ3割、サルサ5割ってところかな。
小生としては、サルサ8割でもOKなのですが。

これで、明日の昼休みは返上決定だな。。。
○| ̄|_
00:56 | 音楽・ダンス | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

よくやった日本男児!

最近、記事がワンパターン化しているが、これだけは言っておかねばなるまい。

WBC優勝、万歳!!

小泉首相じゃないけれど、「感動した」。


面白いのが、韓国と米国での日本優勝に関する報道ぶり。

【米国】
・「日本が全てにおいて一流だった」
・「2人の大リーガーしかいない日本が優勝した」
・「米国は自分たちが世界一と思っていたが違った」

【韓国】
・「気の抜けたビール -主役不在の決勝戦」
・「日本、5勝3敗というきまりの悪い戦績で頂点に」

(参考)
1.政治をスポーツに持ち込む人たち(写真
2.イチローを侮辱する韓国の新聞(その1その2

こういった状況を見ると、(好き嫌いこそあれ)大国と小国の差が明らかですね。
それにしても、このような場合における韓国や中国の必死さには、いつも笑ってしまいます(失笑)。
13:34 | 運動・スポーツ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

mixiって、どうよ?

と、いきなり2ちゃんねる風の書き出しですが…。

最近また、高校時代の友人にmixiに誘われました。
実は、今までも何度かチャンスはあったのですが、断ってきました。

これ以上人間関係を広げても、薄っぺらな関係しか築けなさそうな気もするし、
何より、「ブログもやりながら、そんなことに費やす時間があるのか」という
疑問から、意図的に避け続けてきたのです。

実際、どうなんでしょう?このコミュニティーは。
実名が公開されてしまうのも気になるし、時間も取られるのでは?
(実際には偽名でやっている人もいるみたいだけど。)

小生のイメージでは、
・実名
・何を言っても許されるわけではない(一定の秩序)
・閉じられた空間
という点で、2ちゃんねるとは対極にあるコミュニティーなのかな、と想像
しています。ただ、実際にやったことがある訳ではないので、単なる耳年増
状態です。

実際の事情にお詳しい方、メリット、デメリットについて教えていただけない
でしょうか?やった方がいい、止めといた方がいい、こんないいことがありま
した、等々、何でも結構です。宜しくお願いしまっす。
05:07 | 未分類 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

よっしゃぁぁぁぁ!

先日も記事にしたWBCで、日本が準決勝進出を決めましたね。

それにしても米国は、メキシコ戦でも2度、審判を使ってルールを捻じ曲げたらしいですが、それでも勝てないのですから、いかに米国のbaseballが空洞化しているかが、白日の下に晒される結果となりました。

全く溜飲の下がる思いです。
よくやったぞ、メキシコ!!!
(ちなみにメキシコ人は、米墨戦争で国土の3分の1を取られてますから、基本的にアメリカ人が大嫌いなのです。)

次は何としても、韓国相手に大和魂を見せつけて欲しいです。
でも、兵役免除は確かに、強力なインセンティブですよね。。。


でも、根性見せろ、日本男児!!!



ちなみに何で日本は韓国とばかり当たるのか。それは、この大会の特殊なルールによるものです。
普通、準決勝くらいまで行けば、日本はA組の2位ですから、B組の1位なんかと当たる。でも、この大会は最初から最後までA組はA組で、B組はB組で1位を決めて、ようやく最後に双方の1位が戦うのです。
つまり、アメリカが強豪のドミニカ共和国、ベネズエラ、プエルトリコ(いずれも大リーガーを多数輩出)やキューバと最後まで当たらない仕組みなのです。端的に言えば、アメリカが優勝するための舞台装置だったのです。
しかし、、、(以下略) 
13:14 | 運動・スポーツ | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

メキシコに圧勝!

WBCにおける疑惑の判定から2日、我が王ジャパンはメキシコに圧勝しましたね。
小生はメキシコ大好き人間ですが、国の威信を賭けて戦うこんなときばかりは話が別。
全力で日本代表を応援します。

だいたい、
「日本人って、目が小さいよね。だから視力も悪いんでしょ?」
なんて、意味不明で非科学的なことを言ってるレベルの奴らに負ける訳がない!
(メキシコ留学中に、我が妻があるメキシコ人から言われたことば。極めて個人的なエピソードです…。)

この勢いで韓国も撃破して、自分のルールを世界中に押し付けて自己を省みることのない某国に、目に物見せてやりたいものです。
22:58 | 運動・スポーツ | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

スキー

週末、今シーズン初スキーで、野沢温泉に行ってきました。
今シーズン初、とは言っても、小生の場合、大体シーズン初スキーがシーズン最後のスキーになってしまうのですが…。

土曜の早朝から日曜の深夜までを遊びに充てたのは久しぶりのことでした。
職場の人たちと男4人、女3人の7人で行ったのですが、初心者の2人と万年中級者の小生を除き、みんな上手いこと上手いこと…。
中にはモーグルをやっている後輩もいて、彼などは思わず見とれてしまう程の綺麗な滑り。

いやー、しかしみんないい道具持ってるなぁ。
小生も新しいスキー板が欲しくなってきた…。
(今使っているのは、カービングスキーが出始めた頃のあまりしゃもじ型になっていないもの。)
道具変えたら、もっと上手くなりそうな気がする…。(←気のせい。)

宿のおかみさんも非常に親切で、サービスも完璧(料理も美味だったし、チェックアウト後の客にもお風呂を使わせてくれるようなところはそうそうないと思われる)だったので、非常に満足でした。

また、日頃運動をしているせいか、幸い筋肉痛にもならずに済みました。


しかし、、、ここでも書いたけど、車を運転できるオトコの方が断然カッコイイことを再認識しました。
このままじゃイカン、と思う三十路オトコでした。
○| ̄|_
13:11 | 運動・スポーツ | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

下高井戸シネマ

この映画を観たいのですが、諸般の事情によりまだ観られていません。

多くの客を取れる映画ではなさそうなので、基本的にどこの映画館でも短期間の上映なのです。3月中に観られれば良いのですが…。

でも、万が一見逃してしまっても、小生には強い味方があります。
「下高井戸シネマ」がそれです。

この映画館は、職場の同期に教えてもらったのですが、通常の映画館ではとっくに上映を終了しているメジャー作品や、ミニシアター系作品、マニア向け?作品と幅広く観ることが出来ます。

何と、「ホテル・ルワンダ」は5/27からの上映。
これで、3月は安心して飲んだくれていられそうです(笑)。

(参考URL)
http://www.cinema-st.com/classic/c008.html
13:08 | 映画・TV | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

課外活動

先週から、2ヶ月ぶりにバスケットボールを始めました。
出張の前後はなかなか時間が取れないのですが、仕事も落ち着きを取り戻しつつあるので、久しぶりに復帰です。

しかし、、以前にも同じこと書いたのですが、月曜日の活動というのも良し悪しですなぁ。

【メリット】
・月曜日は飲み会があまり入らないので活動しやすい。
・週明けの早い段階で体にスイッチが入る。

【デメリット】
・激しい運動をするので、火曜日の朝がかなりツラい。o(>0<)o
・アフターで焼肉屋などに行くと、消費した以上のカロリーを摂取してしまう。
(別の日に飲み会もあるというのに…)

このときに買った靴、ちゃんと活用されてます。
後は、週2回くらいジムに行ければ最高なんだがなー。
(その分、飲み会の回数、減らせばいいんですけどね……。)

060306_2006~002.jpg
13:03 | 運動・スポーツ | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

週末の外食

週末は、元上司からのお呼ばれや、カミさんの実家訪問などで、全く慌しく過ぎていきました。

いろいろあって、土曜日の夜は外食。
今更ながらのキムカツ
本店は恵比寿ですが、穴場狙いで銀座店へ。

穴場と言っても常に混んでます。順番待ちのリストに記名し、席が空いたら携帯に電話をくれる仕組みです(その間、近所の銀座三越などをブラついて時間を潰す)。

カツのお味は6種類。
食いしん坊の我々は、3点盛りをチョイス。
TS310055.jpg

キムカツの特徴は、普通の肉ではなく、ものすごく薄くスライスした肉を25層以上重ねて、それに衣をつけて揚げていること(下の写真参照)。
TS310056.jpg

肝心の味の方ですが、もちろん、いいお値段を取っているだけあって、美味。
でも、、、「へー、こんなもんか」っていう感じは拭えません。
きっと、同じ値段でもっと旨いとんかつを食べさせる店はあります。
連れ合いに贅沢言うなと怒られたので、あまり大きな声では言えませんが。
一度経験しても良いかな、という程度です。

でも、この方式を考えたことが凄いことなんだろうな、きっと。
23:58 | グルメ・料理 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

勉強会

小生の職場をご存知の方、もしくは推測できてしまっている方は、既に新聞報道などでご覧になっていると思いますが、現在、我が職場A社は、同業他社B社(厳密に言うと業務内容は異なるのですが)との統合が取沙汰されています(と言うよりは決定事項)。

統合自体は2年後くらいになると思うのですが、その場になって考えたのでは遅い!ってことで、新組織をどのようなものにするか、お互いがどんな仕事をしていて、どんな強みを持っているのか、どこを変えた方がいいのか(または変えない方がいいのか)、といったことを議論する、A社B社合同の若手有志勉強会(参加者30名程度)に参加してきました。

夜19時半から、ご飯も食べずに23時までの白熱した議論(内容はさすがに書けませんが)。
皆さん、本当にアツイ!!

こんなときにいつも、「凄いなー」と感心するのが、難しいことを理論立てて、緊張もせずに喋る人(いません?こういうひと)。
こっちは、本当に小さな意見を言うのでも多少緊張し、喋りながら頭の中がこんがらがりそうになって、一生懸命性能の悪い脳をフル回転させて喋っているというのに、そういった方々ときたら、まるで頭の中の引き出しから整然と並んだアイテムを軽々と取り出すかのように、立て板に水の如くインテリジェントな表現が次々に出てくるんですなー。

はぁ。
話の展開を追っかけるだけで疲れるー。
何だか、頭の中でいつもと違う部分を使っている気がするんですよね、こんな時って。

何で、もっとハイスペックに生んでくれなかったの?おかあちゃん(涙)。
高性能なマシン(=脳)が欲しい、と痛感する、今日この頃です。
12:58 | 仕事 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。