FC2ブログ
Sat.

今日のBGM

最近ラテン音楽以外を聴かなくなって久しいので、全然近年のアーティスト事情に疎くなってしまっているのだが、(見かねて?)職場の美人OL(2ちゃんねらー)がCDを何枚か貸してくれた。

まずは、KEANEの「Hopes and Fears」

ピアノ、ドラム、ボーカルでギターがいない3人組。ちょっと調べてみたら、本作がデビューアルバムながら昨年UKチャートを席巻したらしい。

サウンドは、透明なメロディーを優しく切なく歌い上げる感じ。歌詞はちょっと甘ったるいかな。でも彼ら自身が若いし、自分も高校生だったら思いっきり共感できていたと思う。UKは自分の中での2大メジャー(oasisとblur)以外は、正直全然分からないのだが、詳しい人に借りて聴いてみようかしらん。

2枚目は、spymobの「Sitting Around Keeping Score」

こちらはボーカル&キーボード、ギター、ベース、ドラムの4人編成。かれらもこれがデビューアルバムらしいけど、バックバンドなどを長くやっていて、キャリアは長いようだ。

旧き良き時代のアメリカンポップの影響大って感じ。さらにはビートルズっぽい音も入っていたりして。上のKEANEよりも自分には馴染みやすいかな。ちょっとひねくれつつも爽やかなサウンド。Maroon5とよく比べられているようだけど、彼ら曰く「影響を受けたのはトッド・ラングレン、スティーリー・ダン、ジェリーフィッシュ」だというから、ひねくれ具合も納得。通勤のお供にさせていただきます。
スポンサーサイト



23:00 | 音楽・ダンス | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑