--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Thu.

望無す。。。

ボーナス、いただきました。

社会人8年目にもかかわらず、新人のときと比べて振込額が10万円も増えていないのは悲しいけど、まあこのご時世、貰えるだけでもありがたいことです。

何に使おう、というのは特にないです。普段の給料を結構無駄遣いしているので…。そう言えば、我が家の預貯金額が増えるのは6月と12月だけでした。株は別ですが。

小生の席の前には、大学を出たばかりの新人さんが座っているのですが、彼女の「親に何かプレゼントします」には泣かされました。(;_;)
最近、こんな殊勝な娘、あまりいないですよね。

小生はと言えば、、、
あっ、大戸屋の株主優待券をプレゼントしてます。
はい、全然美しくないです。どうせ擦れっ枯らしですから。
スポンサーサイト
10:53 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

勝利!

次の日に声が出なくなるほどの応援の甲斐あって、わが部は無事1回戦を突破。

しかし選手のみんな、試合を盛り上げすぎ。圧勝してる場面でミスを連発して、逆転されてみたり、フルセットにもつれこませてみたり。そんな演出は、次の試合から要りませんからっ!!でも、次の試合が1ヶ月後、っていうのもどうなの?

こうなったらあと3回勝って優勝して、優勝賞金4万円(ショボっ)で豪遊だー。
23:49 | 運動・スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

突き指

全日本女子の活躍が気になるこの頃だが、我が社の各部対抗バレーボール大会も、現在大変盛り上がっている。

明日の本番を前に、今日は練習日だったので、残業の合間に参加した。ところが、1つ目のトスを上げようとした瞬間、右手の親指でボールに「突き」を食らわせていた。結果は当然、重力加速度のかかったボール君の勝利。右手の親指付け根が真っ青に、グローブの様に腫れ上がった。湿布が家になかったので、風邪用の冷えピタを貼るも、現在のところ全然効果なし。ペンも箸も持てない状況。

あー、情けない。出張前なのに何をやっているんだ、俺。
学習能力のみならず、運動神経も相当落ちているようだ。

明日は、応援団長を誠心誠意、務めさせて頂きます。押忍!
23:55 | 運動・スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

残業用の体力

出張の準備で、連日深夜までの残業が続いている。

残業することを申請しておけば、空調は点けておいてくれることが分かったのは大きい。大体、窓の開かない高層ビルにおいて、空調が止まる時間がある方がおかしいのだけど。。。

しかし、新人の頃と比べ、確実に残業する体力が落ちている(ような気がする)。前の職場は、連日午前2時、3時まで働かされていたので、それが当たりまえと思って仕事をしていた。しかし、現在の職場では「残業が当たり前」という風潮はない。午後9時には8割方の人間が帰っている。小生もご多分に漏れず帰っているので、午後の11時まで仕事をするだけでヘロヘロになってしまう。

ただ、絶対的に体力がなくなったか、相対的に夜中に仕事をするための体力がなくなったか、については検討の余地がある。

能力の有無は別として、1人の人間が1日にできる仕事量は、そう大きく変わるものではない。結局、毎日遅くまで仕事をさせられると、そのペースで昼間から仕事をしてしまうのだ。

そう考えると、上の記述も「体力が落ちた」のではなく、「以前より効率的に仕事をするようになった」ということになる(そういうことにしておいてくれ)。結局、毎日2時、3時まで仕事をさせるような職場は、その程度の能率でしか仕事をしていない、ということだ。

霞ヶ関の方々、そろそろ「○○局長からの宿題」とか、「てにをはの細かい修正」とか、「予算消化のための調査研究」などは廃止してはいかがだろうか。それとも、たかが半袖を着るのにお上からの大義名分が必要なこの国では、「COOL JOB」キャンペーンでも打たないと無理かな?
23:44 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

電子辞書

今日の買い物は、CASIOの電子辞書、XD-LP7500
電気製品では、出張が近づいているここ最近で欲しかったものが2つあって、

?スペイン語辞書付きの電子辞書(英語だけのものは既に所持している)
?ポータブルMP3プレーヤー(最近みんなが首からぶら下げているようなモノ)

だったのだが、家電量販店で1時間以上も迷った挙句に?を購入。

?も長時間移動中やホテルで聞いたりするのに重宝なので、かなり気になるところだったのだが、やはり商売道具ってことで?に軍配。

?は、少し待てば大容量のプレーヤーが、現在よりずっと低価格化しそうなのと、よく考えたら、普段は電車の中ではほとんど音楽を聴くことはなく、出張の飛行機の中でも、映画を観ているか本を読んでいることの方が多いことに気が付いたので、優先度が高くないと判断した。

iRiverだのRioだのシーグランドだのと一生懸命説明してくれたお姉ちゃん、ゴメンナサイ。今年はCOOL BIZのファッションに金を使い過ぎて金欠気味なのよー。m(ToT)m

ボーナス(望無す?)まで、あと一息!
21:34 | 買物 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

あるエコ生活のかたち

我が家には車がない。
都内だし、子供いないし、で、要らないじゃん!と言われればそれまでなのだが、最寄の地下鉄駅までは25分も歩かなければならない、「東京の片田舎」に住んでいるのにもかかわらず、である。
だが、たまに遠出したいときは、「車があると便利だよなぁ」くらいのことは考える。

車を買うカネがない訳ではない。駐車場代が払えない訳でもない。
これまで、引っ越したら買おう、結婚したら買おう、転職したら買おう、と言っているうちに何となく買うタイミングを逃してしまった、というのが実際のところである。

相棒に言わせると、車がないお陰で歩けるし、CO2も排出しないし、税金もかからないし、と、いいことばかりなのだそうだ。だが、ときどき不安に襲われるときがある。それは「オトコとして決定的に必要な能力が育っていないのではないか」というもの。

これだけペーパードライバー歴が長いと、人を乗せての運転なぞ到底無理である。(それでもたまにレンタカーを借りて出かけてしまうが。)翻って、同年代の男性の友人で車を運転できない奴など、数えるほどもいない。また、男性にセクシーさを感じる動作の一つに(古典的だが)、片手でシートを押さえ、片手でステアリングを握って車をバックさせる姿、というのを挙げる女性も多い。このまま行けば小生、一生セクシーとは無縁の人生である。

やはり男子たるもの、「車の運転くらいできなくてはいかんのだな」と、いつも思う。しかし、上記のような転機に加えて、現在は1年以内くらいに人事異動があることがほぼ確実な状況なのだ。国内での異動であれば全く問題ないが、海外もあり得るとなると話は厄介だ。折角購入した車も、1年以内に手放すことになる。それは悲しい。悲しすぎる。マンションを買った途端に転勤になる、よくあるパターンに似ている。

という訳で、最近では、在外勤務から帰ってきたら何を買おう、と想像を膨らませて楽しんでいる。想像するだけ、タダだからね。現在の最有力候補は、AUDIのA6(買えねー)。
片想いと一緒で、いろいろな妄想を弄んでいるうちが一番楽しいのかもしれない。
21:54 | エコ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

本日の勝負銘柄

3318 メガネスーパー

1,681円で900株購入。本当はこの値段で3,000株指していたのだが、昼休みonlyのリーマントレーダーに対して、世の中はそう甘くはなかった。安く買いたいのは皆同じなのだ。

チャートからそろそろ底と思われるのだが、、、
再び1,600円代で買えるようであれば、どんどん突っ込んで行きますよー。

結果も報告します。
22:48 | 経済・株式 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

イン ザ・ミソスープ

村上龍の標題小説を読了。
これまで実は、村上作品は殆ど読んだことがなかった。確か1作か2作だけだったと思う。この歳になると、作家の好みというのがはっきりしてしまっていて、新しい作家の作品を読んでみようなどとは考えていなかった。

この意識が変わったのは、ブログを書き始めてから。できるだけいろいろな作家の文体に触れてみたいと思ったのだ。

村上龍という作家は、社会問題を過激に抉る、というイメージを持っていたが、この作品においてもその特徴は遺憾なく発揮されている。この作品が書かれたのは、小生が社会人になった頃だが、そのメッセージは現在でも充分通用する内容である。

作品中で作者は、現代日本の危機意識のなさ、意思を持たない人々などを、フランクという登場人物による大量殺人という形で痛烈に批判している。

そう言えば、最近表情のない若者が多い気はしていた。妻が家に連れてきた職場の同僚であるという大学生たちも例外ではなく、話し掛けても反応が極めて薄かった。小生が彼女たちからみるとオヤジで、話が面白くない、という要因を最大限割引いても、である。

これから日本という国を背負って立つ若い人たちには、是非読んで欲しい一冊である。
ただし、描写は過激でグロテスクなので、精神的に弱い人には決してお勧めできない。

23:01 | 読書 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Wed.

anego

anegoの最終回が終わってしまった。
とは言っても、仕事や飲み会などで飛ばしてしまった回も多く、全体の半分くらいしか観ていないのだが。

所詮ドラマなので、設定が現実離れしている部分も大いにあるが、30代の独身者も多い昨今、特に我々の世代は共感できる部分も多かったのではなかろうか。

特に「今日やるべきことをやる」というのが幸せ、だというのは本当にそのとおりだと思う。現代は情報過多で、「こうでなくてはいけない」といったお仕着せの理想像が四方八方から押し寄せてくる。なので、「本当はこうありたい」と思う理想像と「こういう風にしかならない」現実の隙間に嵌まってしまって、二進も三進も行かなくなっているような感覚が自分にも常にある。

対処方法としては、とりあえず明日も「今日やるべきこと」を誠実にこなしていくしかないのだろうが。

それにしても篠原涼子、本当にいい役者になってきた。市村正親との交際が良い影響を与えているのだろうか。
23:57 | 映画・TV | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

インドネシアの意図

インドネシアのハッサン外相が、日本の国連常任理事国入り不支持を表明してから2週間、にわかに外務省内が喧しくなってきた。

(関連ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050609-00000022-kyodo-int

あまり個別具体の動きには触れられないが、対インドネシアのODAを一時凍結する動きが出ているのだ。インドネシアといえば、これまで日本が最も多くの金額(4兆円以上)を援助してきた国。この「飼い犬」に手を噛まれたのだから、今までの対インドネシアODA戦略は(対中同様)失敗だったと思い知らされているのと同じことで、外務省としても面白かろう筈がない。

しかし、ここで気を付けなければいけないのは、インドネシアもかつては日本やインド、ドイツと同じ、常任理事国入りを目指していた、言わば「同志」だったということ。世界第三位の人口を誇る自国に対し、今回常任理事国入りを働きかける国がなかったことを相当不快に思っているのではなかろうか。

これまでの経緯から言っても、今後の国家発展のためにも日本の支援が必要不可欠である筈のインドネシアが、熟慮の末(かどうかは不明だが)日本を見限り、敵に回すような発言をしたということの意味は相当に重い。しかも、中国との結びつきを急速に強めているというではないか。

日本外交、足元のアジアも相当危うい状況になってきていることは確かである。
13:16 | 時事・社会 | comments (4) | trackbacks (2) | edit | page top↑
Mon.

チ○棒マッサージ?

kenkos.jpg

先日図書館に行ったときのこと。
我が相棒は相変わらず健康系の雑誌を読んでいる。

その中に「チン棒マッサージ」なる特集が組まれていた。

ネタでつか?(゚∇゚;)?

と聞きたくなるようなタイトルであったが、大真面目に10ページ以上に及ぶ特集が組まれている。

これ、どんな社内プロセスを経て、世に解き放たれているのだろうか?

(以下想像)

「編集長、次の企画はチン棒で行きたいと思います!」
「何、チン棒?あのチン棒か?」
「はいっ。あのチン棒です。既にチン棒取材チームのメンバーもリストアップしてあります」
「よしっ、やってみろ」

「このチン棒(の写真)、少し小さくないか?」
「もう少し大きくしてみますっ!」

「こんな書き方で、読者にチン棒の良さが伝わるのかっ!(怒号)」
「もっとリアルに伝わるように書き直しますっ!」

「おい、例の企画、どうなった?」
「チン棒のことでしょうか?」
「おう、そうそう、チン棒」

会議名も「チン棒特集スタッフ会議」とか?
うーむ、すごい…。

飯を食うということは、どの世界でも大変なことなのですね。
小生も仕事の愚痴なんて言ってられません。

※ちなみにチン棒とは、木製の長さが10~12cmくらいの棒で、片方が細く、もう片方が太くなっているもの。太い側にはコロコロ回る木球が2つ付いている。

(雑誌「健康」7月号へのリンク)
http://www.webkenko.com/current_volumes/200507/index.html
13:26 | 読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

麻婆豆腐

DSC03290s.jpg

今日の作品。
所要時間、一汁二菜で50分弱。

小生も学生時代と比べると、かなり手際が良くなっている。
もし今の仕事が続けられなくなったら、美人でスタイル抜群、頭の切れまくるバリバリのキャリアウーマンが「嫁」に貰ってくれるだろうか。

当方、裁縫以外(ボタン付けくらいはやります)、炊事・洗濯・掃除、ひととおりこなします。お買い得ですよぉぉぉ。

と、叫んでみても、これを食すのはパート帰りの妻なのであった…。
23:32 | グルメ・料理 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

埋まる

今日は休日だというのに、何故だか猛烈に疲れている。
そんな日はじたばたせず、こいつみたいに泰然自若として過ごしたいものだ。
22:07 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

きゃらおけ

昨日は職場の人たちとカラオケに行ってきた。
年に3~4回しかやらないので、久しぶりにやるとなかなかいいストレス発散になる。

自分が新人の頃は、オヤジ連中を喜ばせようと思って、井上陽水や谷村新司、さだまさしなど、なるべく古い曲を歌っていたけど、最近ではチェッカーズとかハウンドドッグとか佐野元春など、自分の世代の曲でも「フツーに」古いということを発見したのは収穫だった。最高に頑張ってミスチルだな、俺の中では。

しかし、しかし。御歳35になる同僚のHさんは若い。スガシカオとかスキマスイッチとかトンガリキッズとかケツメイシとか(あれっ、何故か全部カタカナだ!)歌われても全然分かりませんから。。。一緒に絶叫できなくてゴメンナサイ。

聞いている方としては、CDを借りてきて一生懸命覚えているパパの姿が目に浮かんで、微笑ましかったです。ヾ(´▽`*)ゞ

でも、最後には「ハロー・グッバイ」を一緒に歌って頂いて、ありがとうございました。
23:32 | 音楽・ダンス | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

沈黙の春

レイチェル・カーソン著「沈黙の春」を半分まで読んで挫折した。
理由は、読み物として致命的に面白くないから。著者はもともとが物書きではなく、公務員なので致し方ないところか。それとも、化学の素人が翻訳したからなのか。いずれにしても原書にあたらないと、その判断はできない。

この本が我が国で出版されたのは、私が生まれた30年前。
その時代に、既にここまでの危機意識を持っていたことは確かに慧眼ではある。
しかし、現在ではその内容の殆どが一般的に知られているか、どこかで聞いたことがあるような内容なのである。

実はこの本、妹に借りているものである。そもそもは、とあるブックレビューに「必読書」として載っており、先日実家に帰った際に、たまたま本棚で見かけたのを借りてきた。妹は大学の農学部で環境を専攻していたので、このあたりのことに詳しい。で、内容も分かっており、「多分挫折すると思うよ」とのコメントをご丁寧に付した上で本を貸してくれた。そこは兄貴の面子にかけて、「絶対読み通す」と応じたのだが…。

ゴメン。俺の負けです。だってつまらないんだもん。
それでも、環境系を志す学生あたりは読んでおくべきなのかも。一般人には、ひたすら冗長な記述が耐えがたいです。

23:24 | 読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

両替お断り

今日、某チェーン店のコーヒーショップに入ったときのこと、コーヒーを飲んでいる後ろから

「全員にお断りしてるんですよ」

との声。どうも両替のことらしい。

実は小生、学生時代にそのチェーンの他の店でアルバイトをしていた。両替には結構気軽に応じていたので、時代も変わったなー、と思っていたら、店長とスタッフの会話を聞いていて勉強になった。

「まったく、こっちもお金かけて細かいの作ってるんだから」

今、銀行って円貨両替も手数料取るんですね…。
あくまで会話から得た情報だが、何でも両替専用カードの発行に年会費3~4万円、それ以外に毎回300~400円かかるとのこと。本当ですか? w(゚◇゚)w

それでは、どうしたって説明的な言い訳が必要になりますな(この店の店員はそこまで説明していなかったが)。いや、世知辛い世の中ですわ。

しかし、それより気になったのは、両替を断られた男が連れの女性に言った一言、

「お釣り無理みたいだから、今度でいいですよ」

って、そんな安いコーヒー一杯くらい、おごってやれっちゅーの!
ケ○の穴が小せぇぞ!
19:21 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

1ヶ月記念!

おおっ。このブログもついに1ヶ月連続更新を達成しましたよ。
3日坊主の自分に取って、これは快挙と言って良いでしょう。
(ま、出張に行けば飛んでいる間は更新できないし、近いうちこの記録は途切れますよ。そしたら後はダラダラやります。)

で、記念に眞鍋嬢のブログにトラックバック。
ブログをやっている人でこのブログを知らない人はいないでしょ。
小生よりだいぶお若いが、姉さんと呼びたくなる貫禄の文章。
もはや尊敬すらしています(笑)。

海外出張の時、NHKワールドの「サイエンス・ゼロ」でお見かけするぐらいだったのですが(ちなみに海外に行くと、CNNやBBC以外は言葉があまり分からないので、いきおいNHKを見る時間が長くなる)、このブログを読んでから、すっかりファンになってしまいました。

最近、ちと肌荒れ気味なのが気になるが、これからも楽しいブログを期待してます。

(眞鍋かをりのここだけの話)
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/
23:56 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
Mon.

ミリオンダラー・ベイビー

今日は何を隠そう、チョーーー久し振りに有給を取って、朝っぱらから映画を観てきた。人が働いているときに仕事をせずに休むのは相当気分がいい。

観た映画はタイトルにあるとおりミリオンダラー・ベイビー

全然ハッピーエンドではないから、カタルシス感もなく、ストーリー展開の仕方もやや陳腐。しかし個人的に、こういう風に金をかけずに、少ない登場人物に話を絞り込んで作った映画は嫌いではない。

そして最後に明かされるキーワードの意味。全体としては観て損はない映画とだと思う。

ただ、彼らが2人ともアイリッシュ系米国人だというのは、米国人・英国人はともかく、大半の日本人に取って難しい伏線ではないだろうか。ラストシーンについても、自身の解釈が正しいかどうか自信がない(いや、駄洒落でなく)。

200円引きになる券を貰ったので、欲しい人、どうぞ。


その後は、伊勢丹メンズ館&地下食品売場でショッピング。
しかし、あそこで売っている洋服は、高い。やはり俺にはOIOIがお似合いなのか…。
23:43 | 映画・TV | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

屋形船

昨日は高校時代の友人と集まって、屋形船での宴会を楽しんだ。
会の趣旨は、会社で選抜されて今月末から米国にMBA留学する仲間の壮行会。
そう、小生の友人は優れて秀でた奴が相当に多いのだ。
何故俺だけが… _| ̄|○ガックリ

それはさておき、実は小生、恥ずかしながら、30にもなって屋形船初体験だったのですよ。刺身に天婦羅(その場で揚げてくれる)、生ビール・ウイスキー・日本酒(これらは安い銘柄だが)などが飲み放題で、2時間半の「クルージング」を楽しんで1万円は、安い!しかもカラオケ付き。船頭の兄ちゃんたちが客に対してタメ語なのは、下町のご愛嬌。(船はここで借りました。)

これ、なかなか使えます。和の雰囲気もさることながら、船内という閉鎖された空間が内輪での盛り上がりを増幅する役割を果たす。嗚呼、小生が独身であれば何としてでも合コンに使うのに…。ま、その場に妻も一緒にいたので、当然そんなことはおくびにも出さなかったが。

あまり関係ないが、ちなみにこの「おくび」とはげっぷとかあくびのことらしい。言葉に出さないばかりか、あくびでも出さないという意味のようだ。常日頃、妻の前では屁くらいしか出さないが、その場に居合わせた新婚のT君は、妻の前でもオナラをしないらしい。さて、いつまで続くかな。

で、I君、君は皆の期待の星だ。米国でも是非頑張ってくれい。

DSC03271s.jpg

DSC03280s.jpg

eitaibashis.jpg
20:05 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

間違い探し

DSC03269s.jpg

左右の牛乳パックを見比べてほしい。
何が違うかお分かりになるだろうか。









見えにくいかもしれないが、左のパックは栃木県が福島県と表示されているのである。
この2本のパック、賞味期限は2日しか違わないのだが、印刷はしっかり切り替わっている。メーカーには相当数のクレーム・指摘が入ったのだろう。

つくづく、日本人は生真面目である。
14:22 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

外交戦略の不思議2

数日前の新聞に、作家の三浦朱門の論説が掲載されていた。骨子は「日本よ、常任理事国に拘ることなかれ」というものであったが、全く正鵠を射た意見であった。

日頃職場で、「日本もドイツなんかと第二国連でも作ればいいんだよ」などと「危険思想」をうそぶいている小生に取っては、久々に胸のつかえが取れるような、自分の言いたいことを代わりに言って貰ったような思いがした。もちろん小生のような木っ端が幾ら騒いでも何も変わらない。したがって、氏のような地位も名声もある人からのメッセージは極めて重要である。

そもそも現在の国連は、「戦勝国クラブ」としての役割以外、何も果たしてはいない。コソボ・ルワンダ・東チモール・ボスニア等のでの無策ぶりを見るまでもなく、そのコストに見合った働きをしているとは到底言えない状況なのだ。

翻って、日本国民は国内での税金の無駄遣いには極めて敏感な目を向ける。道路公団、公務員の厚遇、社会保険庁の保養施設など、枚挙にいとまがない。

ところが、一般国民で国連の分担金やODAの使途などに言及する人間は極めて少数である。酒の席でも、道路公団が槍玉に挙がった場面に遭遇したことはあるが、国連の分担金について意見を闘わせている場面に出くわしたことはない。

しかし、上記論説でも述べているとおり、常任理事国の中・露が分担金を1%程度しか負担しておらず、米国でさえ滞納の常連である中で、常任理事国にさえなれない日本は、20%もの拠出金を毎年律儀に払い続けているのである。こんな馬鹿げた話はあるまい。これでは、カツアゲされも反抗できず、結局親の金から何百万も払い続けてしまう中学生と同レベルではないか。

そろそろ発足60年が経過し、制度疲弊を起こしている組織との付き合い方は考え直した方がいい。
23:45 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

外交戦略の不思議1

わが社がイラン事務所を25年ぶりに復活させるらしい。この事務所は1979年のイスラム革命で国内が混乱した際に閉鎖したのだが、ハタミ大統領の開放路線により変化の兆しが見られることから、事業を再開するとのことである。

しかし、待て。イランと言えば、つい先日外相が核開発の継続を宣言したばかりではないか。しかもサッカーのW杯予選では日本人サポーターに対するマナーの悪さで、民度の低さを実証したところだというのに(それでもお隣の某大国よりはずっとマシだが)。それを何故今の時期に…。まさか、太陽政策ではあるまい。

となると、やはり理由は原油の確保か。。。
原油価格の高騰で、供給不安がいつ起こっても不思議ではない昨今、既に日本に取って第3位の原油輸入先であるイランとの関係を一層強化しようというのか。

本当の理由は我々一兵卒にはなかなか伝わってこない。しかし、このような釈然としない状態でイラン担当に貼り付けられたら、著しく士気が下がるだろうなぁ…。
22:59 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

快勝!

既に相当数の投稿があると思うが、日本が世界で最初にW杯出場を決めた。極めて喜ばしいニュースだ。

ジーコは、点が取れず起点にもなれない鈴木はそろそろ諦めて、後半だけの出場でもあれだけチャンスを作り、しかも結果を出す大黒を最初から使ったらどうだろうか(と日本中が思っているに違いない)。久々にFWらしいFWを見た思いがする。

それにしても、国立競技場に詰め掛けた観衆、スポーツバーに集う人々、現地に向かうファン、皆ものすごいパワーを持っている。最近そこまで熱狂できるものを持っていない私から見ると羨ましくすらある。何がそこまで彼らを駆り立てるのか。逆に、何にも夢中になれない世の中だからこそ何かに夢を託すのか。

この「一致団結力」を他の何かに使ったら、日中関係もNEETも子供の心の荒廃も環境問題も一気に解決できるのではないか、と考えてしまう自分はやはりオッサンのようだ。
23:16 | 運動・スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

出張

今年度の出張計画がほぼ決まった。昨年度は6回も出張したのだが、今年度は3回程度で済みそうだ(と言うか、済んでくれ)。確定している行き先はホンジュラス、ボリビア。本決まりでないが可能性が高いのはフィリピン。

中南米に行くのは、久しぶりにスペイン語を喋れるので望むところなのだが、問題は語学力。メキシコから戻って3年、ほとんど喋っていないので、KURE 5-56を使っても取れないくらいの強力な錆がこびりついてしまっている。仕事はもちろん、メシ会での会話すら怪しい…。

ちなみに横文字で喋らなければならない食事会(=外国人とメシを食うこと)を「横メシ」というのだが(恐らく元は外務省用語)、昔はこれが滅法苦手だった。前の職場では現在仕事で関わっている発展途上国とは全く異なり、主にEUの国々を担当していたので、行く店は決まって高級店。本来であれば贅を尽くした料理の数々に舌鼓を打ちたいところであったが、会話のネタを探すのに頭の中を常に高速回転させなければならず、小生が打ったのはせいぜい猿芝居であった。

そんな経験を積むうちに、大使館主催のパーティーなどでは、食事などじっくり味わえずとも、各国大使館のキレイなお姉ちゃんたちと喋ることがメシ会のインセンティブになるということを発見し、それなりに楽しみを見つけてやっていた。だが、転職して1人で出張に行く回数が増えてからというもの、中央の席に座らせられることが多く、相手はその国のお偉方になってしまう。これではテンションも下がりまくるというものだ。

とは言うものの、相手が誰であれ、せめて笑いの一つも取らなければ日本男児の名折れってなもんである。という訳で、残り少ない日々(1回目の出張は7月上旬)でスペイン語によるネタを考えていこうと思っている。
23:40 | 出張・旅行 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

納豆とリサイクル

我が家は納豆消費大国である。常に冷凍庫に買い置きを凍らせてあるし、ご飯を作るのが面倒なとき、あまりお腹が空いていないとき、納豆+卵ご飯で夕飯を済ませることが往々にしてある。「江戸川区1日1人あたり納豆消費量統計」を誰かが取っているとしたら、必ず上位に顔を出している筈だ。

ところで、納豆のパックはスーパーでのリサイクルに出せないことはご存知だろうか?コープ東京の説明によると、通常の発泡スチロール製トレイと製造方法が異なるほか、圧着部分がリサイクルに適さないのだそうだ。

これはエコロジストを自認する私たちにとって、非常にもったいない話だ。誰かリサイクル可能な納豆容器を開発してくれないだろうか。

それから、納豆に関するリサイクルと言えば、毎回付いてくるあのからしとタレも不要な気がする。からしは必要な人だけチューブで買えば良いし、タレも醤油で充分だ。

メーカーの方、再考できませんか?
09:15 | エコ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

give-and-take system

もう1週間近く、妻が風邪を引いている。
したがって、今日は終日家で「カジテツオ君」だった。

朝食(兼昼食)作りに始まり、洗濯、布団干し、観葉植物用の園芸用品買出し(我が家は車がないので、土を運ぶのが辛い…)、観葉植物の植替え、夕食の買出し、夕食作り、アイロンがけ、etc.

世の男性諸君、1日でもやってみると、主婦って意外と大変なものです…。

しかし小生に取って、料理を作ることだけは別。一度始めると俄然作業に集中できる。ピーラーでの皮剥きも包丁を使って野菜を切るのも、言ってみれば単純作業だが、日常生活において雑事を忘れられる数少ない瞬間である。

また、3人兄弟で育ち、自分の好きなだけ食べてこなかったためか、小生、基本的に食い意地が張っており、「食べる」ということに関して異常なまでに関心がある。

外食もかなり頻繁で、好きなことは好きなのだが、基本的には「内食」派である。もちろん、所詮オトコの手料理なので、ものすごーく手の込んだものなど作らないが、今日は病気の妻のために「甲斐甲斐しく」肉うどんを拵えてみた。ごま、かいわれ、ネギ、半熟卵等、風邪に効きそうな具材を使っているのがポイントである。

DSC03266s.jpg

で、自分は昨夜の残りもののおかずを食べたとさ。
日頃、世話になってるからさ。たまにはね。
ま、早く良くなってくれよ。
20:59 | グルメ・料理 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

サルサ

毎週土曜日はサルサの日。
地元のカルチャーセンターのようなところで習っている。
メキシコでラテンのノリに魅了され、始めてしまった。
(ちなみにサルサの起源はキューバのソンという音楽である。大きく分けてニューヨークスタイルとキューバスタイルがあるが、私が習っているのは後者。)

それから1年以上になるのだが、一向に上手くなった気がしない。
先生曰く、男性は最低3年かかるのだそうだ。しかも時間だけでなく、お金もかけなければ上達しないらしい。

ということで、妻よ。
夜の六本木にもっと頻繁に踊りに行っても良いかな?

あ、ダメ?
あっそう。
21:56 | 音楽・ダンス | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

医療保険

三十路リーマン、医療保険に入ることを決めた。

25歳で結婚した際に生命保険(終身)には入ったのだけど、特約も何も付けずに今まで来た。若いし、入院などしないだろうと。幸い、前の職場で毎晩日付が変わるまでこき使われたにもかかわらず、今まで入院するような大病・大怪我はせずにここまで来ている。

しかし、結構危ない国に行かされる職場で働いていること、周りの人間に聞いても40歳くらいまでに1度程度は入院を経験している人が多いことから、自分も油断できないと感じた。

ただ、私の保険に対するイメージは、
「何だかんだと理由をつけて保険金を支払わない」である。
以前外国で歯科にかかった際も、何故か海外旅行保険でカバーされなかった。

今日、AFLACに資料請求をしたが、今度は約款をよく読んで慎重に検討したい。
13:22 | 健康 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

不祥事

あまりにも頻繁で、最近では驚くこともなってしまった、企業の不祥事。
雪印、三菱自動車、西武鉄道の例も、自分に直接の関係がないことから、どこか他人事として捉えていた。感覚が麻痺し切っていたのかもしれない。

しかし、、、

昨日聞いたこのニュースだけは違った。
私の働く業界にとって、相当にインパクトが大きい。

既にこの会社は9ヶ月に及ぶ指名停止措置を受け、6月20日に喪が明ける直前のこの出来事。合計で18ヶ月の指名停止とは、これだけで食べている会社に取っては潰れろと言っているに等しい。

ただ、この会社が倫理上許されないことを行っていたことは否定できない。国民の血税を使って事業をする以上、その使途には高い倫理観が求められるのは当然のことだ。今回の措置は、そのことを他のコンサルタントにも知らしめるに十分な効果があったと思う。

「最大手でどんなに実績があっても、悪いことをすれば、潰すよ」

と言っているのだから。
23:10 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

COOL BIZ (知らない方はタイトルをクリック)

今日から半袖、ノーネクタイ。
朝は涼しい(肌寒い)と思ったものの、満員電車で早速威力を発揮した。

スーツを着て、必死で汗を拭いている他のリーマンに同情する。
しっかり環境省の戦略に乗ってしまっているわけだが、時代を考えればそれも当然かな、という気もする。

一応、我が職場はISO14001を取得しているので、エコには力を入れている。そういった職場で良かったとは思うのだが、その結果、

冷房はきっちり28度設定

夏のオフィス(特に冷房が止まる夜間)は相当暑い

早く帰りたくなる

仕事の能率アップ

あ、結構好循環じゃん。。。

09:23 | エコ | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。