--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

2ちゃんねらーハケーン!!

職場に毎日、業者がお弁当を売りに来るのだが、その列に並んでいたときのこと。いつも手作り弁当を持参している、独身美人OLのYさんが珍しく列に並んでいた。そのときの会話。

「あれ、今日は手作りのお弁当じゃないんですか?」
「私の中の人が作ってくれなかったんですぅ」
「ん??」

キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!!

Yさん、そんなに美しいお顔で2ちゃんねらーだったのでつね。
これから「オマイ」って呼んでいいですか?
スポンサーサイト
22:19 | 仕事 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

サービス大国における気が短い人たち

先日、筑紫哲也のNews23で、「日本人はどのくらい待たされるとイライラし始めるのか」について検討していた(その特集のきっかけは、福知山線の事故でクローズアップされている過密ダイヤである)。それによると、平均時間はだいたい1分くらいであった(と記憶している)。

昨日衣替えをして、スーツをクリーニング屋に持っていったのだが、店員が1人しかおらず、前の客の応対にものすごく時間が掛かっている。その特集を思い出した私は努めて冷静になろうと考えていたのだが、スーツ4着を片手に抱えていたので、3分も待たされると、その重さについイライラしてしまう。(最近では、このような場面で感情に任せて店員を怒鳴りつけるような、想像力が欠如した人間も多い。)

メキシコに留学しているときに、マイペースを学んだはずなのに、悲しいかな自分は骨の髄まで日本人なのだ。

ようやく自分の番になり、店員が言った「お待たせして申し訳ございません」の一言でスッキリした。外国ではこのような対応を受けたことがないが、日本ではこの一言が人間関係を円滑にする。

それにしても、日本の社会は接客する側にとっては難しい。企業はたとえ非常識な客であっても頭を下げなければならないし、客は「金を払えば何でもアリ」の倣岸不遜な連中が多いと来ている。いかなる理由であろうと客に不便をかける場合は、何らかの「説明的な言い訳」が必要になる。日常、これらを聞かない日はそう多くない気がする。

(朝の地下鉄で)
「前に電車がつかえている関係で、電車が遅れております」
(レストランで)
「ただいま調理致しておりますので、もう少々お待ちください」
(宅配便の不在通知)
「お届けに上がりましたが、お留守のようでしたので…」

これらは、その是非はともかく、メキシコ人なら誰も気にしないような事項である。何せ電話を申し込んでから40日も電話局が来ず、基本料金はちゃっかり徴収するようなお国柄である。

逆に日本はサービス大国として、痒いところに手が届くサービスを提供することによって世界で成功してきたが、今後この傾向にも変化が現れるかもしれない。先日、日本橋の三越本店の中にある菓子売場で菓子折を買い求め、別の菓子店で買った紙袋と一緒に大きな紙袋に入れてくれるよう頼んだところ、若い女性店員が「もうすこしデカイのがよろしいですか?」と真顔で聞いてきた。個別の店名は明かさないが、三越も堕ちたものだ。白洋舎創業者の五十嵐健治氏が働いていた頃(三浦綾子の「夕あり朝あり」に詳しい)の精神を思い出してほしい。

JR西日本は、過密ダイヤの見直しに着手したらしいが、本数が減る(=客の側に不利益になる)ダイヤ改正など、これまでに聞いたことがなかった。となると、惹句を考えるのは相当難しいのでは。

不謹慎なようだが、次回、JR西日本のダイヤ改正のキャッチコピーは
「2度と犠牲を出さないために」 18.4.1ダイヤ改正
などとなるのだろうか?

それとも
「利益重視路線からの脱却」 18.4.1ダイヤ改正
だろうか?

控えめなところで、
「安全第一への回帰」 18.4.1ダイヤ改正
あたりか。

いずれにしても、多少のことでイライラしない余裕を身に付けたいものである。
13:02 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

中年オトコのダイエット

昨日は夜遅く、5km程度のウォーキングをしてきた。

それもこれも、成長を続ける我が下腹部への対策。そろそろ有効な手立てを考えなくては、奴らが暴徒化する恐れがあるのだ。

反乱軍の動きに気付いたのは先週の仕事中。
新人のときに購入したスーツはとうに着ることができないが、昨年買ったスーツが既にお腹に食い込む。昼食後は特にその傾向が著しい。
たまたま私の机の周囲は女性が多いのだが、そのうちの一人にその切なさを訴えたところ、「うんうん。すっごく分かるから大丈夫」とありがたいお言葉を頂いた。
しかし、、、昨年のスーツをきつくするほど勢力を蓄えていたとは…

早速家に帰り、我が家の健康オタク管理士に、週3回程度ジョギングをするのはどうだろうかと聞いてみると、活性酸素が増えるからダメだそうである。

で、彼女が平素実践しているウォーキングにお供させていただくことに。何しろこの健康オタク管理士、毎日10000歩(約6km)歩くツワモノである。彼女にとっても、普段は夜になると人通りの少ない道は歩けないが、用心棒がいるといろいろなところを歩けるので好都合なのだそうだ。

そこで発見したこと。
「江戸川区の環境もなかなか捨てたものではない」
朝夕の地下鉄は尋常でなく混んでいるし、近所の大型スーパーは、日曜ともなれば芋を洗うかの如き人出で、ほとほとうんざりするのだが、夜の川沿いは人がほとんど居ない(危ないから、という説もある)。また「健康の道」という、ウォーキング用の道が整備されていて、非常に歩きやすいのだ。
源泉徴収でしっかり区民税も徴収されるサラリーマン、これを活用しない手はない。

とりあえず3kg減を目標に頑張ろう(現在67kg、身長172cm)。
10:14 | 健康 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

ブルーチーズ?

今日は妻が朝早く出かけたので、土曜では久しぶりに独りブランチ。
こうしてパソコンに向かいながら、自分で焼いたチーズトーストを齧る。
独身時代に戻ったみたいで、何かいい感じ。(* ̄∀ ̄*)

しっかしこのチーズ、プロセスチーズなのに随分発酵が強いなぁ。
トーストで口中がパサついてきたので、再度ミルクで口を潤す。

その刹那、戦慄が俺を襲う。






発酵してるのは、チーズじゃなくて、
牛乳かよ!







俺は賞味期限原理主義者じゃないし、卵だって白身と黄身がデロンデロンに混ざるほど崩れていなければ食べるし、世界には本当に食べるものに困っている人が沢山いることも認識している。

さりとて、妻よ、






冷蔵庫に賞味期限が10日も過ぎた牛乳を放置するのは止めてくれ。
あぶないぢゃん。
しかも、あの期限は開封前の期限ですから。
そこんとこ、夜露死苦。
11:04 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

本よみの虫干し

関川夏央著「本よみの虫干し」(岩波新書)を読了した。

内容は、著者がブックレビュー形式で近現代の作品を紹介していき、キーワードとともにその時代背景を探る、というものである。作家は日本人に限らず、幾人かの外国人作家も混じっている。

ブックレビューは、忙しい現代人にはとてもありがたい存在である。まず、既にその本を誰かが代わりに読んでくれている。で、話のポイントが書いてある。面白くなさそうだったら、その本は読まなければよい。結果、面白そうな本だけを読める。CDで言えば、ベスト版を聞くのと同じだ。(そうしても中にはハズレがあるかもしれない。ベスト版にも聞かない曲があるのと一緒だ。)

これまでに幾つかのブックレビューを読んできたが、本書は私のような頭の弱い人間にも取っ付き易かった。その理由は、
? 一つの作品について3~5ページ程度で簡潔に紹介しており、読み易い。
? 文学はその時代を映す鏡であるという普遍的なテーマに貫かれており、各時代の作品を分析することによってそれを実証している。

かつて文学は、青年が教養あるオトナになるための必須アイテムであったようだが、現代ではテレビや家庭用ゲーム機にその役割を取って代わられている。文学は活字のメディアであり、内容を諒解するためには思索という作業が生じる。また、その解釈も読者によって多様である。これと比較して、テレビ番組やゲームには受け手側の解釈の余地が少ない。そのせいか、確かに我々の世代は、昔のオトナたちと比較すると想像力に乏しく、精神的に幼い傾向があるように感じる。(テレビやゲームへの批判ではない。これについては別の機会に述べたい。)心理学などで「青年の幼児化」「成熟への拒絶」という言葉が使われるようになって久しいが、人々の共通認識が月9やエンタの神様やプレステ2や大塚愛程度であり、大学の一般教養が「パンキョウ」と呼ばれ、そのステータスが地に堕ちた現状ではそれも仕方あるまい。

著者によればこのブログも、「インターネットに見られるだらだらした自己表白」であり「近代小説が、大衆化の果てに究極まで退化した姿」だそうだ。質の違いこそあれ、確かに自身の切り売りという点では、私小説もくだらないブログもワイドショーに出る芸能人も大差ないのかもしれない。

自分は既に中年と呼ばれる年代に入ってしまったが、遅まきながらかつてのオトナに追い付くべく思索を続けたい。青年の幼児化が進んでいる現在、今から教養を学ぶくらいで丁度いいだろう。

ちなみに初めて知ったが、関川夏央は(中退したようだが)私の大学の先輩にあたるらしい。
02:23 | 読書 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

300万円でデートレーダー?

昨日に引き続き株の話。

会社の昼休みに他のブログを徘徊してきた。
その中に、「資金300万円。会社も辞め、株で生活費を稼ぐ」というのがあった。(敢えてトラバはしませんが、興味ある人は探してみて。)

マヂですか?
300万円で会社辞められるんですか?
株ですってんてんになったら?
3年後はもとより、半年後のこと、考えてる?

ツッコミどころが満載過ぎて、つっこむ気にもなれない…。

たとえ今自分が独身であっても、銀行に300万円の預金がある程度では、到底会社を辞める気にならないだろう。

貯蓄ゼロの世帯が25%を占めるご時世、致し方ないところか。
ここ数年の証券会社や投資顧問の方便に、「日本人はアメリカ人と比較して、リスク性資産が少なすぎる。もっとお金自身に働いてもらっても良いのではないか」というものがある。しかしアンタ、カード破産大国、禁治産者大国のアメリカと比べてどーすんですか。日本の世帯貯蓄率は、先進各国の中では決して高い方ではなく、ドイツやフランスはおろか、ユーロ導入のために死ぬ気で国の借金を減らしたイタリアよりもはるかに低いのである。

自分はカネの亡者ではない。カネが全てだとも思わない。
ここで問題にしているのは財産の多寡ではなく、ものの考え方である。「年金?払わない」「貯蓄ゼロ?全然オッケー」といった「アバンギャルド」な考え方の方々が日本の主流を占めるようになったら、、、

あなおそろし。
13:13 | 経済・株式 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

俺は北浜

新興市場が今日も軟調である。

最近では、買えばそこが天井、売れば必ずその後上がるんだな。
この法則には一つの例外もないので、ほとほと嫌になる。

【最近売って失敗した銘柄例】
4831 オープンルーフ 18万5千円で売却、その後31万円超
4326 インテージ   1565円で売却、その後2600円超
4842 USEN      2470円で売却、その後3000円超
4322 デジタルアーツ 33万円で売却、その後40万円超

曲がり屋として商売始めたら儲かるかな、俺。
何事においてもガマンが大切、早撃ちは良い結果を招かないってことで。
13:22 | 経済・株式 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

常識を知らない国

相変わらず中国がやってくれる。
一国の首相にアポを取り付けておきながらドタキャンとは…。
日本企業や大使館への破壊活動に関する謝罪もないうちにこのような暴挙である。
もはや露す馬脚すら存在しない。

現在、日本の新幹線方式を採用することを条件に、北京-上海間高速鉄道に円借款を供与する動きが出ているが、全くの見当違いである。
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/seiji/20050522/m20050522002.html

この点、JR東海の葛西社長は「新幹線方式採用のための中国詣では国益に反する」と、極めて冷静な判断をしている。

かように民度の低い国に、日本が40年という長い年月をかけて築いてきた「無事故」という信頼性を守れるわけがない。それどころか、自身のオペレーションのまずさによって発生した事故も全て日本側に押し付け、技術だけは盗むという「おいしいとこ取り」をすることは火を見るより明らかだ。

北側国交相を始めとする閣僚は、国益とは何かを熟思審察していただきたい。
09:25 | 時事・社会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

月曜日恒例

今日は毎週恒例のバスケットボール。
職場の体育館でやっている。
よほど忙しくない限り毎週出ることにしている。
そうでもしないと本当に運動しないし…。

ただ、月曜日というのがちと辛いんだな。
せめて木曜日にならないだろうか。

筋肉痛はまだ次の日に出るからまだOK。
しかも最近は出なくなってきた。
同じ筋肉を使っているからかな。
おかげでノータックのパンツはほとんどはけない、競輪選手のような足を手に入れました。

これでアフターに焼き肉やアイスを頬張るのを止めれば、もっと痩せるだろうに。
足の筋肉と反比例するように、今宵も我が下腹部は順調に成長を続けております。
23:47 | 運動・スポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

ラブホテル

とある駅前の連れ込み宿で、カレーフェアなるものをやっている。
DSC03265s.jpg


私は結婚してからというもの、そのような不健全な場所に立ち入ったことがない(ことになっている)ので、最新の連れ込み宿事情には通じていない。しかし、不健全さをオブラートに包んで(あるいは敢えて気付かぬ振りをして)「気軽にカレーでも食べに来て下さいよ」と言わんばかりの明るい立て看板には違和感を覚えてしまう。

だいたい、性欲を満たした上に食欲も満たそうなどとは虫のいい話である。これでお泊りでもすれば、人間の三大欲求を全て満たしてしまう。それはなんでも欲張り過ぎだろ。

そういう場所に行くのは本来「秘め事」の筈である。それとも自分の性体験をTV番組でアッケラカンと語る素人も多くなった昨今、そういった場所はいかがわしい場所ではないのか。

しかし、それでは何の情緒も無いではないか。怪しいこと(でないと開き直られたらそれまでだが)は隠れてやるから楽しいのだ。堂々とやってしまっては、ドキドキ感も何もあったものではない。

結婚まで操を守れなどと化石のようなことは言わない。だが若者諸君、「そういうこと」はこっそりやってくれ。きっとその方が盛り上がる、ではなくて、オヤジからのお願いである。

それにしても、ラブホのカレー、食べるとどうなるのであろうか。
?一晩に何回戦でもOKのスタミナ君になれる。
?カレーなテクニックを駆使できるようになる。
?インド人もびっくりの昂揚感が得られる。

教えてエロい人。
22:35 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

ベトナム料理

今日は隣(同じ職場の同僚)の家でホームパーティー。
奥様がベトナムの方なので、本格的なベトナム料理を堪能した。

会の趣旨は、前の職場の同期でも同じく奥様がベトナム人という友人がいるので、その奥様同士を紹介すること。

2人だけで話すときはベトナム語が飛び交っていたが、2人とも日本語が上手なので、一見ベトナム人とは分からないだろう。

我が家も3品ほど供出したので、テーブルに乗りきらないほどの料理が完成してしまった。そのうちの1品は私が作ったデザートで、安易にWeb上からレシピを貰ってきたこれなのだが、なかなか好評であった。

食べ始める前に撮っておけば良かったのだが、お酒も入って酔っ払ってしまった後の食べ残しの写真を(皿の上の方は揚げ春巻き、下の方は…忘れた)。
DSC03263s.jpg


これからは「男子厨房に入るべし」ですよ、Oさん、S君。
23:25 | グルメ・料理 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

青塩ビ革の手帳

探し物は何ですか
見つけにくいものですか




手帳を無くした。
結構凹むな、これ。

思えば昔から、世の中には物を沢山寄付してきたっけ…。
傘に始まり、買ったばかりの服や家電製品(電話ボックスや網棚に置き忘れる)、財布、定期券,etc。新婚旅行帰りに、山手線の車内にお土産を置き忘れたときは、首吊って死のうと思いましたよ。そう言えば留学先で、1年間に2台の携帯を無くしたことも。無くした物の総額が、50万円くらい行ってそうな気もする。

最近は少し注意深くなり、俺もオトナになったなぁ、と自分を見直しかけていたのに…。

沢山書いてあるガールフレンドの連絡先はまあいいとして、
(ところで、今どき手帳でそういったものを管理する人はいるのだろうか…。)
デートの約束もいいとして、

仕事のアポがぁぁぁぁぁぁ…。
関係各所に電話をかけて、「何時でしたっけ」って聞くのは相当カッコ悪いです。

見つけた人、知らせてちょ
22:05 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Thu.

都会の蛾

地下鉄の駅を降りると、街燈に群がる蛾よろしく、駅前のコンビニに若者が次々に吸い込まれていく。

自分も独り暮らしのときは、家での独りの時間を少しでも短くしたくて、その街燈に群がっていた。密やかに何かが起こることを期待しつつ。夜中に一人で冷麺なんかを買っているお姉さんなんぞ見かけようものなら、「一緒に夜食でもどうですか」と何度声を掛けそうになったことか…。そんなとき、そのお姉さんは決まって「キレイなお姉さん」である。いわゆるゲレンデ・マジックならぬコンビニ・マジック。

ところで、寂しい蛾を集めるのだから、夜のコンビニの集客率は明るさと無関係ではない。現に、我が家近傍の薄暗い場末のヤマ○キデ○リーストアが、不自然なまでに明るいセブ○・イレ○ンに衣替えした途端、夜中でも常に客足が途絶えなくなった。明るさにして1000ルクスくらいは違うだろう。集客アップの理由を因数分解するならば、「ブランド力」「明るさ」「24時間営業(それまでは夜12時まで)」「物珍しさ(新しさ)」といったところか。

ただ明るければいいってものでもない。昼間の健康的な太陽の光では、「すさまじきもの」になってしまう。あの明るさは道行く者の人恋しさを最大限にすべく、緻密に計算し尽くされたものなのだ。そのあたりは練達の“ライティング・プランナー”を多数要するセ○ン・イレブ○の圧勝である(ウソ)。

お菓子の新製品を漁る蛾(自分も昔はこの科に属していたかも)、立ち読みを専門とする蛾、夜食を物色する蛾、中華まん・おでんなど、レジ横商品専門の蛾、タバコやアルコールを補給しに来る蛾…。

全ての蛾に幸あれ!
23:20 | 日常・人間観察 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Wed.

OIOI

夏物のシャツを2枚get。
ウチの職場は6~9月の4ヶ月間、ノーネクタイ、ノージャケットの軽装がOKなのだ。
しかも、前の職場の福利厚生で手に入れた丸井の団体契約カードを使って7%引き。転職したにもかかわらず、何故未だに使えるのかは全くの謎。

しかしアレだな。
三十路になって丸井でお買い物ってゆーのも。
ま、安けりゃいいんです。

shirtss.jpg

23:37 | 買物 | comments (0) | trackbacks (2) | edit | page top↑
Tue.

U2?

今朝の満員電車での出来事。
すし詰め+さらに売れ残り分を無理矢理パックしたような地下鉄の中で、私の正面に密着したオヤジ(推定40歳。LEONが提唱する「チョイ不良(ワル)」系)がしきりとメールを打っていた。

このオヤジ、なかなかファッションがキメキメで、まるで若い愛人宅からそのままご出勤、といったイデタチ。あ、ちなみに先日アンガールズが、とある深夜番組で実験していたが、LEONは量ってみると1.3kgくらいあるそうなのだが、そのうち500gが広告らしい。しかも1号あたりの広告収入が4億円!w(゜∀゜)w 「チョイ不良」とか「モテオヤジ」とか「貴族(セレブ)」とか、相当曖昧な造語をこねくり回すだけで4億円稼ぐ商売って。すげー。スゴ杉。

閑話休題。
別に人のメールを覗き見る趣味など全く無いのだが、女性の方に密着するのを避けるため(もちろん痴漢冤罪対策だ)、混み始めたときにそのオヤジの背中の方に身体を向けたら、そのままパックの中の鯖の押し寿司よろしく固定されてしまったのだ。しかもそのオヤジが、私より微妙に背が低いときてるもんだから、打っている内容が丸見え。

ときどきOLなんかで、「覗くなよ!」と言わんばかりに睨みつけてくる腐女子がいらっしゃるが、誰もオマイの愚痴メール(想像)なんか見てませんから!!!。そんなに気にするんなら、電車の中でメールなんかすな。

また話題が逸れた。
そのオヤジ、ある文字が分からないのか、何度も同じ単語を変換しようとしている。なのに、その携帯の機種はバカなのか、なかなかオヤジが考える文字に変換してはくれない。

その単語とは、






「ゆうつう」






その若い愛人(想像)にでも打っているのか、
今日も朝から「ゆうつう」だよ。と。






それって、、、

もしかして、、、

「憂鬱?」とさりげなく聞いてみるテスト。



ゆとり教育もこんな上の世代まで浸透したか。なかなかやるな文科省。
後ろから答えを教えようかどうしようか、若きウェルテルと同じくらい悩んだぞ。朝っぱらから。


(類似例)
ふいんき →;7ν®È▉▄Ú©☺?╅§£²¢Ğ¤┲&╟íêŻŷ ▌▓░ → 雰囲気
いちよう →.。:::゚:+:。.・。。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.・。。:*゚。: → 一応
23:15 | ことば | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

素人トレーダーになった理由(わけ)

私は6年ほど前から株式投資をしている。理由は、「老後に漠然とした不安を感じているから」。

当初は小遣い稼ぎのつもりだったのだが、出生率もどんどん下がっているし、自分自身に子供はいないし、転職もしているし、我々リーマンがしっかり源泉徴収をされる中、年金を払わない輩(金持ちもニートも。未納世帯の8.1%は年収1,000万円超!)は大量にいるし、で、年金や周囲に世話をしてもらうことにはあまり期待が出来そうにないので、ちょっと大きな額でやることにしたのだ。

フツーのリーマンが投資可能な目一杯の額を投入し、これまでにそれなりの成果を上げている。もちろんセンスのある方から見れば蝸牛の歩みにしか見えない程度のものだが。

ここで投資必勝法や「私は株で儲けてこれを買いました」的なサクセスストーリーを語るつもりは毛頭ない(実際、そこまで劇的には勝っていないので)。そのようなものは、他の諸兄のカブログや未来かたるにお任せしたい。

私が株を語るのは、自分のセンスのなさを常に認識し、衆人環視の下、あまり深く足を突っ込みすぎないよう、自分を戒めるためである。
13:29 | 経済・株式 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

世界がもし100人の村だったら

ベストセラーにも名を連ねているので、読んだ人も多いだろう。私自身も、自分の仕事に大いに関係のある内容なので、ご多分に漏れず3巻とも所有している。

ところで、昨日同じタイトルの番組がフジテレビで放映されていた。内容は世界の恵まれない子供たちの姿をそのままカメラに収めたものであり、番組終了後も暫く前頭葉に鈍痛を覚えそうな、非常に重いものであった。

こういったドキュメンタリーを見た後に必ず考えてしまう。 
-じゃあ、自分たちはどうすればいいんだろう- 
自分の仕事も彼らに手を差し伸べることに繋がっている筈なのに、普段やっていることと言えば机上での書類作成、出張に行っても先方政府機関との交渉で彼らと直に接する訳ではない…。私以外の職場の人間も、きっと常にこのジレンマと格闘しているに違いない。自分にできる唯一のことは、仕事をするときに現場の目線を持ち続けることであろう。「この仕事は誰に利益をもたらす為のものなのか」ということを。

初っ端から深刻なテーマになってしまった…。orz

(フジテレビの番組公式ページ)
http://www.fujitv.co.jp/ichioshi05/050514sekai3/index2.html
(マガジンハウスの公式ページ)
http://www.magazine.co.jp/100people/index.jsp
10:41 | 映画・TV | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sat.

始めてみました。

何も分からないまま、とりあえず始めてみました。

きっかけは、修理に出していたPCが戻ってきたこと。

今まで家ではネットでの調べもの程度にしか使っていなかったけど、折角だから自分からも情報発信してみようかな、と。

少しずつ覚えながらやっていきますんで、よろしく哀愁。
21:02 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。