--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Sun.

一国一城の主(夢のまた夢)

明けましておめでとうございます。
本年も、マイペースでぼちぼち更新していきますので、拙ブログを宜しくお願い致します。


最近、子供が2人になったせいか、不動産のweb広告がやたら気になる三十路リーマンです。ああいうのは、気にしてる人には目に付くようにできているのですね。
そう、具体的には帰国後に住む家が欲しくなってきているのですが、、、、
首都圏で新築一戸建てを持とうなんて、とんでもないことだということが、少しずつ分かり始めました。

例えば、小生がその日記をよく読んでいる、とあるカリスマブロガーの方は、こう書いています。
※この方の日記、着眼点が鋭く、個人的にとても好きです。他の記事では、こんなものもおススメ。

また、これを読むまでもなく、「家なんて買えない」でググると1,200万件がヒットしますし、「教えて!goo」などでも、家なんてどうやったら持てるのか、といった質問が並んでいます。

現在、普通に家を買うのが難しい理由は幾つかありますが、

1.そもそもの住宅価格が高い
以前、家を買うことが妄想の世界でしかなかった当時は、職場に通いやすく、住んでいたことがあるので土地勘がある、という理由で練馬区を考えていたのですが、子供がアレルギー(アトピー、喘息)のために、もう少し空気の綺麗な田舎に引っ込むことがほぼ確定的です。
そもそも、練馬区の建売住宅は、延床面積100㎡程度、南向きでない物件でも6,000万円くらいするのが当たり前です。無論、我が家には厳しい価格です。しかし小生が検討している、東京から60kmくらいの田舎の町であっても、分譲地内でまともな住宅(一定の広さがある有名ハウスメーカー等)を買おうとすると、(注文住宅でなく)建売住宅が最低5,000万円はかかるのです。全く世間知らずもいいところでした。

2.現在はデフレスパイラルの最中
高度経済成長下では高額のローンを組んでも、インフレによって相対的に負担が減るので、安心してローンが組めたのかもしれません。しかし、デフレ経済下では、当然のことながら、借金した額の価値がじりじりと上がっていく訳です。返しても返しても元本は(相対的に)減らない。これでは、少なくとも土地くらいはキャッシュで買えないような人間は家を買うな、と言われているようなものです。

3.給料は減り続ける
賞与については3年ほど前に殊勝な記事を書きましたが、さすがに先日ボーナスの額を見て虚しくなりました。12年目で、新卒時から10万円程度しか増えていないのです。小生が頂いている給料も、15年前の海外勤務者と比べると4割くらい少ないです。正に自分の世代のことを書かれている、こんな本もあります。無論、今後上がる見込みもありません。


また妄想時代の話に戻りますが、小生は間取りやインテリアを考えるのが割と好きで、将来は自分で更地を買って、建築家に依頼して納得のいく設計・施工監理をしてもらおう、などと考えていました。しかし、最近は現実を直視せざるを得ません。注文住宅、駅近の分譲地、南面道路、敷地60坪以上、などとやっていくと、とてもとても一介の勤め人には手が出ない価格となるからです。
住宅取得が極めて困難であるのは、もしかしたら首都圏にしか当てはまらない状況なのかもしれませんが、慧眼をお持ちの皆さんは「誰もが家を持てる時代ではない!」というこの状況、とっくに気付いていましたか?きょうび、子供を2人も持つこと自体が金のかかる贅沢なのに、自分好みの家を作ろう!なんて、小生も無知蒙昧、かつ、とんだ思い上がりだったなあ、と反省しきりです。

しかし、普通のサラリーマンが自分の住む家も買えない、家族も養えない、仕事も減る、人口も減る、で、日本も完全に衰退期に入っていますね。残念な時代に生まれてしまったものです。とは言え、不遇を託つだけでは前に進みませんので、かなりの妥協+大借金(上記カリスマブロガーの指摘はごもっともだが、現実的でないので)で、いつかはとりあえずの住みか(終の棲家が欲しいなどと贅沢なことは言いません)を確保したいと思っています。
スポンサーサイト
22:15 | 経済・株式 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Mon.

中国に投資しないワケ

久々に、オカネの話です。

このブログの初期から読んで頂いている方は、小生がお金で遊ぶ!?のが好きなことも、昨年1月のホリエモンショックで一敗地にまみれたこともご存知かと思います(カテゴリ「経済・株式」に詳細)。

現在株式からは全面撤退し、自分の身の丈に合った遊び方をしています。すなわち、投資信託と外貨なのですが、投資信託は仕事柄もあり、折角なので途上国系のファンド(具体的には現在はインド株ファンド)に投資しています。

でも、中国ファンドには絶対に投資する気になれません。以前にもいろいろと書いていますが(「中国」でブログ内検索すると出てきます)、この国はカントリーリスクが高過ぎるのです。

中国に5年も駐在した方が言うのですから、間違いありません。一見、華々しい経済成長を遂げており、投資先としては非常に魅力的にも映りますが、法令遵守(最近では格好良く、コンプライアンスなんて言い方もされますが)の精神がグローバルスタンダードから30年は遅れています。

中米のパナマで100人を超す死者を出した練り歯磨きや、アメリカから禁輸を食らったウナギなどの海産物が最近話題ですが、CD/DVDの海賊版から車のデザインのパクリ(ここに詳しい。笑えます)まで、違法・脱法なんでもアリ!な状態です。

なんで急にこんなことを言い出したかというと、昨日スーパーで晩ご飯用のウナギを買おうとしたときに、国産と中国産が並んでいたので、ふと考えただけで、大した意味はありません。既にこのご時勢、日用品で“made in China”を避けるのは不可能なので、せめて「口に入れるものと投資先は気を付けよう」とウナギをカゴに入れながら思った次第です。
00:09 | 経済・株式 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Tue.

独り身の友

掟破り、初の残業中更新。
(無理して早く帰らなくてもいいので。)

otoya.jpg

まあ、あれだ。
いわゆるチェーン店の定食屋は味気ないと思う向きも多いかもしれない。
町のちょっと小汚い定食屋の方が旨い。
確かに、そういう意見があってもいい。

しかし小生、この定食屋のファンである。
どのくらいファンかと言うと、

●現在、直営+フランチャイズで170店くらいあるらしいが、池袋に1店舗しかなかった頃からのファン。
(そう、ここだって、もともと町の小汚い定食屋だったのだ。)
●一時期、優待券が楽しみで株主をしていた。
●新宿にある6店舗の場所を全部言える。

てなわけで、今日もお世話になった。
家に帰っても何もないし、腹が減っては戦はできませぬ。

特筆すべきは、小生の行っている店舗、女性のお一人様がとても多い。
ホールスタッフも全て女性で、入りやすくしているのだろうが、それにしても、入れ代わり立ち代り、30分の滞在時間中、延べ40人くらいは見ただろうか。

ちょっと前なら考えられないことである。
現在株からは一切手を引いているが、またここの株、買ってみようかな。

(理由)
女性は、優れたサービスに対し、男性より「目ざとい」と思う。

女性が安心して一人で入れる=いいサービスを提供している。

長期的に伸びる。


さて、そろそろ帰るか。
(仕事しろよ。)
22:23 | 経済・株式 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Fri.

金利100倍

って、何も怪しい金融商品の話ではありません。
ちゃんとニュースに書いてありました。

暫くするとリンク切れになってしまうので、コピー&ペーストも。

◇◆++++++++++++++++++◇◆

三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行は、日銀がゼロ金利政策を解除すれば、普通預金の金利を現行の0.001%から0.1%程度に18日にも引き上げる方針を固めた。普通預金の金利引き上げは、前回のゼロ金利解除の00年8月以来約6年ぶり。預金金利引き上げの動きが本格化しそうだ。(毎日新聞)

◆◇++++++++++++++++++◆◇

そうか。
銀行に100万円預けると、1年後には1,000円も利子が付くんだね。
って、おい!

こんなんでは、ギャンブラーとしては、まだまだ到底銀行に預ける気にはなれません。
「大手行儲け過ぎ批判」も多い昨今、いよいよ各行によるサービス大競争時代が始まるのでしょうか。

小生としては、暫くは様子見。
別のところで遊んでますわ。
(株は完全に撤退しました。インサイダー多すぎて嫌になった。)
02:50 | 経済・株式 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Sun.

完全撤退!?

各種掲示板やブログを読んでいると、ライブドアショック&その後の株価低迷で、株取引から足を洗うトレーダーが増えている様子。
小生も、結局確定させた損失(=決算済み)は、な、な、なんと900万円(汗)。安いマンションの頭金くらいにはなりますから。 ~\(▼ロ▼)/~フォー!

なんて言ってる場合じゃない!!
弱小リーマンの年収より遥かに大きな額となってしまったことはもとより、これまで7年間ほど積み上げてきた利益が、一瞬のうちに1/4になってしまったことは大いなる恐怖、これ以上ない生きた教材、末代までの教訓(?)となった。


ここに株の話を書くようになってから、損の話しかしていないような気もするが、7年間のトータルで言うと、実はまだ僅かに(本当に僅かに)プラスである。
これだけ長くやっているのにもかかわらず、未だ信用取引に手を出していないのも、傷口が浅くて(いや、浅くはないが、致命傷にならずに)済んだ理由の1つかもしれない。

普通はこんなことがあったら、きっぱりと足を洗うのが、まともな人間の考え方である。小生も多くのトレーダーのように、完全撤退できれば問題はないのだが、亡くなった祖父もかなりの株好きで、その遺伝子を受け継いだ自分が簡単にやめられるとは思えない。本当にビョーキ、としか言いようがない。

しかし、ひとまず半分くらいは撤退し、投信とか年金保険とか、少し安全な運用に回そうとは考えている。
それにしても、こんなやくざな生活を続けていても毎月お給料が貰える、というのは本当に有難いことです。
(あ、一応家に生活費は入れてまーす。)

※どなたか、この、たちの悪いビョーキに効くクスリ、知りませんか?
23:09 | 経済・株式 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。